« 元旦 | トップページ | 半世紀+6 »

2008年1月16日 (水)

弁明

新年も最初の月の前半が過ぎた。とっくに仕事始め、正月気分など微塵もないが、このブログは、いまだ年越し、したような、しないような。
とある事情で、とても落ち着いて書いていられる心境ではないのだが、こんな辺境にも定期的に訪れる奇特な方、数名。また、メールや電話の端に「更新していませんね」などと。申し訳なく。

この瞬間、数少ない身内に3人もの「病人」を抱えている。当方、すぐに56の齢、ともなれば、まあ、大して珍しい話でもないのだが。とはいえ、これらの男女、事態は異なれど、「生き死に」の境に、近づいたり、遠ざかったり、と、そこそこ深刻で。

対象が一人のうちは「最近の病院のシステムは進歩しているんだなあ~」なんてノーテンキな感想を抱いたりして、いつかブログで触れてみんと。そんな傍観者を気取れるのだが、3人ともなると、3つの病院、それぞれに事情が異なり、担当医の名前が混線したり、当方の対応にも温度差が生じたり、で、ま、落ち着きません。

三が日、珍しく、この身の行く末など、ぼんやりと思い、1年の計みたいなものも考えてはみたのだが、この場で紹介するような状態ではなく。それは、いずれとして。
いましばらく、更新の頻度、相当に低く。ご容赦。

|

« 元旦 | トップページ | 半世紀+6 »

コメント

時折開いたひとりです。そちらで特定できるようで、それがいいやらこわいやら。

当方も、連れ合いが正月、歩行がやや困難になるほど足を悪くして。それでも、4日から店には出ました。店を仕舞って店主代理に車で送ってもらって。

試練には従うほかなし。ブログなど、しばらく封印しても。
しかし、それでも淋しいし。気随に、を実践。それがよろしいのでは。

投稿: seigu | 2008年1月16日 (水) 13時43分

seigu翁、ご心配をおかけし、恐縮。
身内の私的事情を、こうして記すのは、いささか不本意なれど、そもそもブログで個人的な話を書いている身としては、まあ、多少は触れるのも、さほど筋違いではないのかなあ~と。

「公私融合」は、しかし、なかなかに戸惑うこともありますね。

投稿: hiperk | 2008年1月17日 (木) 01時59分

【今日】で、正解でしょうか?
間違っていたらスミマセン

赤い服をチョイワルオヤジ風にステキに着こなす日はまだ先の事ですが、一歩近づいたことは確か。
御身大切に(^^)/

投稿: zun | 2008年1月18日 (金) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 元旦 | トップページ | 半世紀+6 »