« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

たった独りの抵抗

うむ、大袈裟なタイトルだこと。ま、いいか。
今冬、未だファンヒーターを使用していない。灯油の値段が高いからだ。別に、買えないわけではない、いちお。買いたくないのである。
11月下旬、例によって、灯油売りのミニタンクローリー車が回ってきた。すでに、たしか、18リットル1500円に達していたと思う。数年前は700円台、前の冬でもまだ1200円くらいだったかな。石油の騰勢は知っている。灯油も値上がりするのはやむを得まい。しかし、しかしである。
たしかに、原油高騰のあおりで、いろいろなモノの価格が引き上げられている。とはいえ、多くは、なるべくガマンし、企業努力で、あるいは店主の意地で、なんとか最小限にとどめるよう、頑張っている。なのに、灯油だけは、ぼくの感じでは簡単に、やすやすと値を上げている。
それはないだろう、と思った。
寒い冬に暖房は必須である。地域差により、その必要性にも違いはあるが、ここ関東・平野部に限っても、暖房無しではいられない。もちろん、節約は肝心だけど、必需品の値上げは、慎重であってもらいたい。でも、灯油の値段は、まるで寿司屋の「時価」のように、安定を無視する。暮れには、1800円を超えていた。あんまりだ。ほかの製品は、せいぜい1割程度の値上げなのに。
可能な限り、灯油を使うファンヒーターのスイッチを入れないぞ、と決意した。正直、1月半ば、つまり大寒が近づくころが限界だろうと、予想した。
が、2月になろうとするいま、寒さに慣れた。暖房がなくても生活できると、悟った。これまでが、イージーだったのかもしれない。暖かい部屋でシャツ1枚のスタイルが間違っていたのだろう。セーターを着込めばいいのだ。室内では素足が好きだけど、靴下を穿けば耐えられる。
そう、厚着で、いいのだ。薄着でカッコつけても、何も得るものはない。
もしかしたら、この冬は、暖房無しで乗り切れるかも。1シーズンで5~6回、灯油を購入するから、おっ、1万円もの節約になる? わいわい。
もっとも、こないだ、飲み会で、深酒して、タクシー利用となって……、どうせ何かに使ってしまうのだろうけれど。

| | コメント (0)

2008年1月18日 (金)

半世紀+6

まあ、そんなわけで、いささか寂しい56回目の誕生日。どんなわけ? って、ま、そのぉ、そゆことで……。
別に、生まれて初めての経験というわけではないけれど、このところ、誰かしらに祝ってもらえていたので、チトつまんない気がする。浮かれたいわけではないけどね。
イイ歳をして、という意見もありましょうが。これは前回も書いたか、このくらいの年齢になると、またひとつ齢を重ねることができたのは喜ばしいこと。若いときには若いなりのイベントだし。家庭をもつと子どものほうに主役を奪われ、親側は、ま、いいか、となりがち。
だが、40歳を過ぎるころから、誕生日への思いが変わってくる。
なにはともあれ、誕生日を無事に迎えられた自分に、素直に感謝。とにもかくにも、健康が一番です。

おっ、zunさんから、お祝いコメント、深謝。
こちらにつなげますね。

| | コメント (7)

2008年1月16日 (水)

弁明

新年も最初の月の前半が過ぎた。とっくに仕事始め、正月気分など微塵もないが、このブログは、いまだ年越し、したような、しないような。
とある事情で、とても落ち着いて書いていられる心境ではないのだが、こんな辺境にも定期的に訪れる奇特な方、数名。また、メールや電話の端に「更新していませんね」などと。申し訳なく。

この瞬間、数少ない身内に3人もの「病人」を抱えている。当方、すぐに56の齢、ともなれば、まあ、大して珍しい話でもないのだが。とはいえ、これらの男女、事態は異なれど、「生き死に」の境に、近づいたり、遠ざかったり、と、そこそこ深刻で。

対象が一人のうちは「最近の病院のシステムは進歩しているんだなあ~」なんてノーテンキな感想を抱いたりして、いつかブログで触れてみんと。そんな傍観者を気取れるのだが、3人ともなると、3つの病院、それぞれに事情が異なり、担当医の名前が混線したり、当方の対応にも温度差が生じたり、で、ま、落ち着きません。

三が日、珍しく、この身の行く末など、ぼんやりと思い、1年の計みたいなものも考えてはみたのだが、この場で紹介するような状態ではなく。それは、いずれとして。
いましばらく、更新の頻度、相当に低く。ご容赦。

| | コメント (3)

2008年1月 1日 (火)

元旦

謹賀新年

                       2008.1.1

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »