« 「もったいない」話 | トップページ | 「空白」の28年 »

2007年12月19日 (水)

我感情不動如山

今年も残すところ2週間を切ったので、振り返ってみよう。折々に書いたこととダブるかもしれないけれど、ま、縁起物ということで。
大河「風林火山」は特異なドラマだった。幸いにもじゃりタレが出ず、メインのみならずキャストは一級、演技に文句はない。内野聖陽、市川亀治郎、そして柴本幸。予備知識がなかったのもよかったのか、いずれも見事、これこそ役者だと感心した。新人・由布姫には、胸を打たれた。映画「隣町戦争」では、印象に残らず。げに、人は化ける。当初は「なんぢゃその配役は」と危惧したGacktにも驚いた。謙信女性説を思い出させるような、独特の雰囲気を漂わせ、怪演。ニクイほどのキャスティングだ。池脇千鶴、若いのにスゴイ、CMなんかに出ている場合ではない、もっとその才能を見せてよ。ほかにも芸達者な俳優が多く、さすがNHK、制作側に脱帽。
ストーリーも、悪くない。なのに、これほど感情移入できないドラマも珍しい。相方も同様の感想。思うに、現場のディレクターの技量ではなく、統括的プロデューサーの領域かな、全体のコンセプトを誤ったのではないか。結局のところ、何を描きたかったのか。わからん。山本勘助について史実は少ない。ゆえに若い時代は相当に創作したようだ。ならば、いっそ、ヒーローに「つくりあげ」たらよかったのに。半端に「凡人」扱いしておいて、死に際だけ「軍師」として誇張されてもなあ~。ちっともワクワクしなかった最終回。初の「延長」だとか。だが、まさに「付け足し」。ラスト4回は3回に凝縮するべきだったね。
そもそも、信玄も謙信も、さらには今川・北条も、なまじ俳優のレベルが高いせいか、存在感がありすぎて、主人公が、ちっとも「らしくない」のだ。役者の責ではなかろう。シナリオの瑕疵でもないと思う。舞台裏の事情はもちろん知らないが。いくつか、きちんと描かなければいけない箇所を、逃げていた。たとえば、「軍師」としてのキャリアアップ、どうにも解せない。諸国を放浪したことが、どのように生かされたのか、伝わってこない。「作戦参謀」としての「ひらめき」が感じられなかった。武田に仕える動機にも、首を傾げた。姫への思慕も、なんだかなあ~。この二人の「関係」、示唆はあったが、もっとしっかり、「勝頼が実は」くらい仄めかす必要があったのでは?
つまり、随所で「歴史的事実」に囚われ、そこに行き着く部分での描写が妙に強調されすぎていた。そのくせ、大胆な解釈が足りず、エキサイティングになれない。思うように書けたのだとしたら、やはり、脚本家の力量も無視できないかな。「新選組!」では、近藤勇や土方歳三たちも、壮絶な最期を遂げるのは史実として知っていても、なんか、生き残ってもらいたいね、みたいな感覚を持たされたのだから。
評価すべきは、織田信長を「影」扱いしたこと。桶狭間の戦いの出陣前に敦盛を舞うという有名なシーンで観世流能楽師である役者が登場したが、台詞は無し。まあ、なまじ喋らせたら、そこそこの俳優を起用しなければならず、そうすると勘助の存在価値、さらに下がってしまうためでもあろうが。
もうひとつは、個人的な感想。役回りとしては疑問が残るものの、チョー久しぶりに緑魔子の姿を拝むことができた。はい、60年代の、彼女が20代からの、ファンです。ここ20年くらい、見ていない気がする。時代劇だから、出たのかも。還暦を過ぎているんだものね。
さて、来年は「篤姫」、江戸幕府13代将軍・徳川家定の正室である天璋院の物語。主演の宮崎あおいは、史上最年少だとかで話題には事欠かないだろう。結婚したばかりだし。ぼくは、朝ドラも見ていないし、世間の感覚とはたぶんズレている、よーするに、よく知らん。ただ、映画「初恋」の演技には、チョッピリ光るものを感じた。主人公は47歳までの人生だから、晩年も何とかこなせるかな。まあ、特に期待はない。
でも、1年を通して見るに違いない。いまのところ、強力な裏番組はなく。てゆか、相方さんに従うまで。ウチら、ただでさえ薄い密度ですから。共通のネタがないと、ね。

|

« 「もったいない」話 | トップページ | 「空白」の28年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「もったいない」話 | トップページ | 「空白」の28年 »