« 赤い服 | トップページ | 年賀状を何年やすんでいますか? »

2007年12月 7日 (金)

こーはく色の想い出

修羅場で仕事に没頭しているうちに、何やら年末の話題、しきり。またもや名前の知らない歌手、いや、タレントか、よくわからんが、ひとり二人、三人……。読み方もわかんねーぞ。ま、いいや、どうせ真剣に見ることはないのだから。
とはいえ、懐かしいね、寺尾聡、米米。後者は別にファンでもなんでもないけれど、バブルっぽいステージが印象に残っている。「ルビーの指輪」は、帰国した年、このメロディばかりが街に溢れていて。いちお「サベージ」の世代だし。
えっ!? あみん……。これは、まずい。って、先日、BGM代わりのテレビから、復活なのか再結成なのか知らないが、この二人の歌が聞こえてきて。たぶんNHKだったかな。で、驚愕したのである。無残なり、あみん、と。
あの、透き通ったような、繊細なハーモニーは、いったい、どぉしたのさっ! って、ぼくは、独り、小さく叫んでいた(夜中だったので)。まったく声が出てないじゃん。ハーモニーなんてシロモノじゃないじゃん、ただ二人で歌っているだけで。
コンサートの録画放映だったみたいで、会場からはかなりの声援と拍手があったが、ホント??? あの歌声を知っている身としては、こんなん、金取れない。そりゃ、いまどきのアイドル歌手よりはマシだろうけれど。だけど、「あみん」を名乗って聴かせるレベルではないぞ。ぼくは、専門家ではないけれど、そう断言する。
岡村は、解散後もずっと活動を続けていて、自ら作曲する歌は好きだし、レコード/CDは、いい。勝手に編集した90分テープ1本、持っている。だけど、もう一人のほうは、たしか引退したんだよね、ふつーのおねーさんに戻ったと思う。だから、当然、それなりに練習しての、再登場だろう。だけど、まともにボイストレーニング、したの?
浅田美代子なら、かまわないよ。「あの人は今」番組なら、仕方ないけどさ。いやしくも、「あみん」だろ。美人キャラでもなし。武器は「歌」そのものだけなのに。ぼくの琥珀色の想い出を壊さないでくれ。
あまりのヒドさに、ぼくは、実は、ブログで書こうかと思ったのだが、おそらく「デビュー何周年、とかの、何かのメモリアルで、一夜だけの再結成」みたいなものだと、そのとき受けとめて、やめた、いちいち噛み付くことでもないか~。プロのレベルを要求しても、詮無し、と。
それが「紅白」かい。ひでぇ話だ。
ま、「ハニカミ王子」が流行語大賞だもんなあ~。すげぇ世の中になったもんだ。ただ、しかし。これらを選んだという事実が、「いま」という時代の空気を反映しているのかもしれない。

|

« 赤い服 | トップページ | 年賀状を何年やすんでいますか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤い服 | トップページ | 年賀状を何年やすんでいますか? »