« 年賀状を何年やすんでいますか? | トップページ | 「もったいない」話 »

2007年12月13日 (木)

懐は暖かいのがイイけど

本日まで、まだ暖房を使っていない。灯油が高騰しているから、という理由もあるにはあるが、それほどの寒さを感じないのだ。我ながら、不思議。
外に出れば、もちろんブルルと震える。出掛ける際はコートを着るし(先日の「ヒルズ」での取材は野外だったから寒かった~!)、近所への買い物程度ならフリースの上着。耐寒力が向上したわけでは決してない。でも、一歩部屋の中に入ると、けっこう暖かい。そりゃマンションだから戸建てよりマシなのは、言うまでもなく。だけど、去年は、たしか12月の初めに、ファンヒーターを点灯した。
温度の変化に鈍感になっている? 加齢すると、そうなると聞く。否定できない気もする。そのうえ、気持ちとして「なるべく暖房に頼らない」わけで。
いつになく、1枚多めに服を着ている。厚着は好まないのだが、軽めのセーターでも保温効果は増す。室内での靴下も嫌いだったのだが、ルームソックスというのかモコモコっとした感じの、外出時には適していないモノを履くと、冷えは確実に減じる。コーディネートなんぞ考えていないから、柄物の下に柄物とか、自分でも苦笑してしまう、妙なスタイルになるが。まあ、どんな格好をしようと、あーだこーだ言う人がいないから、気楽。あくまでも実用主義。
そして、こまめに風呂に入ることにしている。基本は毎日だけど、家から一歩も出ない日なんかは、ちとメンドーになって、ま、いいか、と。月に何回かある。今冬は、しかし、そんなときも、温まるだけを目的にバスタブに身を沈める。水道代とガス代の負担は増えるが、11月分にかぎればガス料金の請求書は前年同月比1000円少々のアップにとどまった。つまり、灯油18リットル分に満たない。水道料金は誤差の範囲内。
安上がりである。灯油の値段、2年前だったかの冬は700円台で、わりにゼータクな使い方をしていたような気がする。その前の年が1000円を超えていたと思うので、かなりの値ごろ感ゆえだろう。それが、2倍だもの。そうそう気楽には使えないよね。
てなわけで、地球環境を考慮してのことではないし、少しでも二酸化窒素を減らそうなんて高尚な思いもない。だけど、少しだけ、寒いときは寒がっていいと思うし、だから重ね着で防寒すればいい。暑い夏も、クーラーの設定温度を2~3度くらい下げるのは、昔のことを考えれば、ま、しゃないな、と。なんにしても、それほど寒くもないのに、上着を脱ぎたくなるほど暖房を強くするビルの中とか車内とか、ちょっとやりすぎだよなあ~と嘆く此の頃。
ま、サイフが寒いのは、イヤだけどね。

|

« 年賀状を何年やすんでいますか? | トップページ | 「もったいない」話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年賀状を何年やすんでいますか? | トップページ | 「もったいない」話 »