« 師走ですね | トップページ | こーはく色の想い出 »

2007年12月 4日 (火)

赤い服

知り合いのブロクで、って最近、こゆ出だしが多いよーな……、ともかくも、年齢の話になって。で、思った。あらま、還暦まで、あとわずか4年。
当方、いま現在55歳。今年1月の誕生日に、あぁ、四捨五入したら60だなあ~と。自分には関係ないと思っていた「還暦」を射程距離に捉えてしまったと実感。一方で、「しかし、まだ5年もある」と。5という数字は、四捨五入すれば「10」ですからね。けっこう、まだまだっていう感じです。
だけど、当該ブログの女将(おかみ)が、自分はあと10年と言うときの感覚とは、微妙に異なるわけで。つまり、実数としての「10」ですからね。こちらは、「まだ5年もある」もしくは「もう5年しかない」の「5」、心の持ち様なわけで。
ほんでもって、そのブロクで、今月が誕生日との書き込みあり。ふと思う、ぼくは来月、ひとつトシをとる。すると、56、つまり、あと4年ですね。そう、四捨五入したら? ってことです。あと1か月です。4年とちょっとです。これは、軽くない。還暦が、確実に、見えてきたわけで。
いやあ~、驚くなあ……。還暦だと。はぁ~。「年間最多コメント大賞」を差し上げたい「翁」は昭和一桁生で10年ほど前に通過されたのですね、どんなお気持ちだったのでしょう(と、コメントを暗に要求、いや明確に、かな)。我が両親のときは……、うぅむ、覚えていない。何も祝わなかった、かも。弁解すれば、30代で還暦は遙か遠き世界。ふぅ~。そりゃ、まぁ、それでも、なお、「まだ4年もあるぞ」と、思えなくもないのではありますが……。やはり、しかし、どうしても、「もう4年しか」と、そんな感じです。
12/1付けのブログで映画「ロッキー」を語ったとき、「還暦のロッキーは」と、あっさり、ノーテンキに書きました。そんときゃ、ぼくに「還暦」は、まだ先の話、というのか、他人事でして。我が身にはなぞらえず。それが、わずかな時間で、事態は急変。あっという間の当事者意識。感覚というのか認識、認知……、なんにしても、「赤い服を着る」己の姿、そこはかとなく……。
などと書いている当方、はい、修羅場ど真ん中です。こんなことしている場合ではありません、絶対に。これ、現実逃避と申します。気にすべきは、4年先の現実よりも、目の前の現実。正しい、まさに正論。正しいことには、しかし、色気がない。人間、リアルに生きてりゃイイってもんぢゃない。色気? それはですねぃ……。いや、よそう。いくらなんでも、これ以上の脱線は命取りである。赤服(あかふく)の二の舞は御免だ……。

|

« 師走ですね | トップページ | こーはく色の想い出 »

コメント

「還暦」なんて何ということなしでした。
短大に入って「新境地」で勉めていましたからね。
それよりも56,7歳の、会社を辞めるかどうかという時期が辛かった。連れ合いによると、家でため息をつくことが多かったそうで。本人にはその意識がないのですが。
つまり、60過ぎに何をするかは、その前に決めないといけないということ。
SOHOさんはその点、自由だからそのままでもいいのかもしれません。しかし、身体と仕事との関係に気をつけないと。いずれ、80歳になっても仕事をするというつもりでそれにふさわしい分野へ極をずらすのがいいのでしょう。小生はもっと早くから身体を鍛錬することに時間をとればよかったと、反省しきり。なんといっても身体ですね。
こういうコメントは何か説教臭く、自慢臭く、難しいですね。

投稿: seigu | 2007年12月 6日 (木) 17時52分

そうですか~、翁にとっては、ひとつの通過点? ふぅむ、まあ、40代、50代に突入するときも、直前には何となく感じるものがありましたが、実際にそうなってみれば、たしかに、どぉってこともなく。ジタバタしても仕方ないわけですしね。
多少なりとも諦観の風情は、達観したわけでなく、まる2日間、仕事に没頭した結果の、ある種の呆け、かも。

身体と仕事との関係、これは耳が痛い。本日、徹夜明けです、なのにfaxが届いたり、諸雑用あり、睡眠は3時間だけ。さきほど、15分ほど「失神」しました。こゆのって、かなりの熟睡のようで、眠気が飛びました。ま、週に1度は寝だめしますが。
さておき。身体の鍛錬など、精神と似たりよたりの、ほったらかし。
自慢臭く、などと仰らずに。お目にかかったときにでも詳しく。よしなに。

投稿: hiperk | 2007年12月 7日 (金) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 師走ですね | トップページ | こーはく色の想い出 »