« 我感情不動如山 | トップページ | メリークリスマス »

2007年12月22日 (土)

「空白」の28年

今年一番の衝撃は「江川クンと小林クンのTVCM出演」だ。実年齢、当方より若干下の、この二人の再会にインパクトがある理由は、省略。だいぶ昔のことで、若い人には「?」だろし、一言でも語るのに40歳を過ぎていないと難しかろう。実際には、ぼくらくらいから上の世代にとっての話になる。わかる人にはわかる。
10月半ばだったか、テレビで初めて接したときの驚きは、相当なもので、当初数回は、食い入るように見た。バージョンも更新されているようで、少しずつ、話の中身が異なる。次が見たい。他の会話が聞きたい。ぼくはエキサイトした。そう、あくまでも「当初」は。
ぼくは、しかし、評価しない。
継続されているところから察するに、大方は好意的なのかもしれないけれど、ぼくには辛い。二人への印象が悪化するだけ。スポンサー企業にも反発してしまう。なぜって、あんな断片的な、言葉の羅列だけで、「あの」事件を、さも懐かしがるように語ってもらいたくないのだ。
この28年間、二言三言では当然、語りきれない。実際、二人の会話は3時間ほどに及んだらしい。そのなかの、かなり恣意的に選んだ、ただのピース、ぶつ切りを見せつけられて納得できるものではない。いや、ぼくは、詫びろ、とか、ファンへの説明責任などを持ち出したいのではない。いくらなんでも時効である。いまさら、なにも求めない。
だが、口火を切ったのは、あんたたちだ。コマーシャルだろうが何だろうが、当事者が口を開いたのである。だったら、もっとちゃんと話してよ。それを、あんなふうに、もったいぶって、ひとの興味をそそっておきながら、細切れ。そのうえ企業広告っていうんだから、まったく、信じられん。卑怯モノっ!!
あれだけ世間を騒がせたんだよ、あなたたち。いや、もちろん、二人だけの問題ではない。いろいろな輩が関わっている。それらの人々の多くは、もはや鬼籍に入った。だからこその、いま語る、回顧談なんだろうけれど。だったら、しっかり知らせようよ。そのくらいの責任、あるんじゃないの?
繰り返すが、黙ったままでもよかったのだ。とくに、小林クンは引退して、あれ? 野球評論家なの? だったら、いまなおギョーカイ人か、ふむ、ま、にしても、いちお、江川クンのようにはメディア露出していないんだから、市井の人として、責務はもうない。だけど、こうして出てきた以上は、「酒を酌み交わしつつ、ずっと胸のうちに秘めていた思いを語りあっ」た内容を、ちゃんと披露してくれ。それがオトナというもんだろ。
つい毒づいてしまった。好きだったからね、小林クンのこと。江川クンも意外に憎めないキャラだし。実のところ、当時は日本にいなかったし、やや傍観者。イマイチ「大騒ぎ」の実感に乏しいのだ。正直な話、当該球団のグループの末端に関わる仕事もしていたし。そんなには批判的でなかった。「うまいことやるもんだ」とすら思った。でも、野球史上に残る「スポット」であることは疑いもない。「汚点」とまでは断言しないが。
2007年を象徴する「偽」の文字のとおり、今年は冒頭から頭を下げ続けた企業(および組織)トップ・幹部。かれらには、特段の期待はない。そういうものだと諦めている。だけど、小林も江川も、いまは「個人事業者」のはず。後者は某球団との距離感から、そうとは断定しにくいけど。個人は、どこまでも「自己責任」だからなあ~。

|

« 我感情不動如山 | トップページ | メリークリスマス »

コメント

いよいよ歳末。「今年を省みて」といった企画があちこちでありますね。
「江川と小林」。なんかテレビで見ますね。

『公評』誌2008年1月号も特集が「今年を省みて」です。老愚生にも誘いがあったので、寄稿しました。この雑誌の常連が次第に鬼籍に入ったためか、年に一二度が、ニ三度の寄稿となりました。次の鬼籍入りは老愚生か?

「老賢人賛」と題して、「加藤周一、故鶴見和子、鶴見俊輔小論」を書きました。いずれ他の方が世間話はするだろうと推察し、また今年の自分の身体事情を書くのもつまらないので、ほぼ、今考えていることのあらましをその三人にこと寄せて綴った次第。

要は、「一喜一憂するな」ということ。えらそうな話ですが、特にマスコミに踊らされるのはやめようと。時間軸を長く、空間面積は広く、すると歴史体積が大きくなる。それで現在の一瞬を判断する。それが「判断力」の要かと。これは今思いついたことです。

別に楯突くわけではないけれども、ジャーナリストこそ、そうあってほしいと思いますが。

明日は、うちの民子さんとN響の第九を聴きに行きます。結婚してから初です。
その次の日は、友人が胃がんで手術したので、そのお見舞いについて相談するため三人が家に来る。結構、そんな具合で日常はあり、大事ですが。

投稿: seigu | 2007年12月22日 (土) 08時22分

seigu翁、「一喜一憂するな」との言葉、ありがたく。自身体積は膨大なのですが。
「第九」はいかがでした? そのお年での「初」、微笑ましく、羨ましく。
当方、やっとの修羅場明け。まだいくつか事務処理的な雑務は残っていますが、どうやら歳末気分。

投稿: hiperk | 2007年12月24日 (月) 14時26分

忙殺から抜け出したとのこと、何より。
実は、ブログでの反応が遅いので、仕事以外にもかと心配しました。

家の民子さんと一緒にというのは「初」です。
それでも、クラシックも面白いと思ったようです。
今、それらの感想を拙HPにアップしました。
お時間取れる折、覗いて下さい。

いずれ、また。

投稿: seigu | 2007年12月24日 (月) 17時41分

やはり気にされていましたか。ご容赦。
1か月に及ぶ年末進行からの脱出ゆえ、しばし、ボーっとしております。
そんななか、相方と昼食。店に響く生の賛美歌。たえなる音色なれど、彼女も年内納品の忙殺の日々、ご承知のように「耳」の仕事ゆえ「うるさい」と。『どのように素晴らしいものでも時と場合によっては邪魔なだけ』、適切な表現、思いつかず。哀。

投稿: hiperk | 2007年12月25日 (火) 01時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我感情不動如山 | トップページ | メリークリスマス »