« こんな仕事してます | トップページ | ギャンブラーじゃないよ »

2007年11月 9日 (金)

温泉に行きたい

知り合いのブログを見ていて、羨ましくなった。あぁ、知り合いといっても、オンライン上だけでリアルにはお会いしたことがない。ハナから話は逸れるが、ネット時代ならではの「交流」、ぼくは好きだ。世の中には「大切なのはface to faceだ」と主張する人もいて、それは必ずしも間違いではないけれど、そう声高に語るオッサンたち、たいていは、仮想空間で知己を得ることの楽しみを知らない。残念だね。
それでね、その知人のことだけど、地方に住んでいらっしゃる。って、千葉在住のぼくがエラソーに(^^;) でも、会津地方なんだもん。猪苗代湖の、会津若松。そう、ぼくが相方と今春、温泉旅行を楽しんだ場所、そのすぐ近く。つまり、周囲に温泉がいっぱいなのだ。いいなあ~。立ち寄り湯で、日帰りで、天然温泉を堪能できるのだ。そんな、素晴らしき日々を送っている。そうした報告が、ブログに載る。読むたびに、ため息。いいなあ~。
一般に、現役だと、年に数回しか、旅には出られまい。費用そのものは極めてリーズナブルだとしても、やはり毎週とは、いくまい。月に一度くらいなら、なんとか達成可能かも。でも、そうなると、余暇はほとんどそれのみという状態。それは、かなりのマニアだよね。温泉大好きサイトをいくつか巡回しているが、子どもが巣立ったあとの40~50代の夫婦、ともに温泉好きという条件下でも、さすがに毎月は行っていないようだ。現実の生活には、いろいろなことがあるもんね。
それが、クルマで1時間以内に名湯そこかしこに、という立地であれば、おそらく毎週でも、そんなに無理はないはず。こちらのスーパー銭湯の感覚だもの。料金も500円程度だし。ぼくが同様の環境だったら、間違いなく月1だなあ。実際、アメリカはロサンゼルスに住んでいたころ、かなり頻繁にラスベガスへクルマを走らせたからね。ちょっと遠くのパチンコ屋へ行く感じ、かな。適度な速度でも5時間は掛かったから、「ちょっと」じゃないけど、「週末の予定は?」「とくなし」「じゃ行くか」。それに、使うのは、せいぜい100ドルか、それくらい。1万円の感覚。ゼータクではない。
温泉が銭湯または健康ランドなどと決定的に違うのは、街中にあるわけじゃないから、いまの時期なら、自動的に「もみじ狩り」に。要するに「自然との出会い」もあるわけで。公園に行ったり、森林浴したり、そんな気分でいいわけだ。
まあ、物事には良いことばかりでなく、その知人宅では、すでに朝晩の暖房が欠かせないらしい。そろそろ昼間からも、という状態、そう、冬が早い、そして長い。ふむ、暖房費が大変そうだ。今年はとくに、灯油が高騰しているしなあ~。

それにしても、温泉に行きたい。この秋の予定は、いろいろと流動的で、ついに決行できず。このあと立春くらいまではバタバタするから無理。春まで待つしかないか。ま、冬も近い。だから、春も近い。と、そういうことで。

|

« こんな仕事してます | トップページ | ギャンブラーじゃないよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんな仕事してます | トップページ | ギャンブラーじゃないよ »