« リニューアルです | トップページ | TVっ子 »

2007年10月16日 (火)

「様」

実は、沢尻エリカのファンである。あの、生意気な雰囲気が好きだ。うむ、ぼくってMかなあ~。でも、「言葉遣いがおかしいとか重箱の隅をつつくように、わたしのこと苛めて喜んでるでしょ」と相方に言われるし、S的要素も弱くなく。ま、それはともかく。しかし、「エリカ様」については、評判、というか批判の対象になるまで知らなかった。そういうゴシップには興味ない。演技がイイね、面構え(容貌)が魅力、とか、そんな感じで見てきたので。だけど、今回の大騒ぎは、たまたま、当該映画「クローズド・ノート」にチョッピリ関わっているので(裏方の某企業がその本業において当方の取材対象なのです)、舞台挨拶のニュースに関心を持ち、知った。で、感想は、来場客に対して失礼だわな~、さすがにやりすぎだね、とは思うものの、所詮は芸能ネタ、社会的な事件でも何でもない。
ところが、これはもう社会現象だと指摘するコメントを朝日新聞で読んだ。この識者は、だから朝日でも取り上げるべきだったと言う。うぅむ。同意できないなあ。たしかに、職場や家庭での雑談なら「バリュー」ネタだろうが、ニュースとしての価値など、あるとは思えない。ひとりの女優の、若さゆえの、ふてっくされ、ゴーマンな態度なんか、どうでもいいじゃん。夕刊紙じゃあるまいし。ワイドショーに任せておけばいい。だいたい、大手日刊紙は最近、芸能ニュースなどのやわらかい話に擦り寄りすぎている。たかが女子アナの結婚や離婚、果ては妊娠・出産まで報じる。そんなヒマがあるなら、たとえば、底辺で苦労しながらボランティア活動している人間をもっともっと追い掛けなさいよ。

ところで。まっとうな広告批評家と認める天野祐吉氏が嫌いな「生き様(ざま)」という言葉、ぼくは好きだ。もちろん、こんな言葉は本来ない、「死に様」はあるけど。最初は誤用、もしくは「シャレ」だったのかも。でも、「どのように死ぬか」は「どのように生きるか・生きたか」に通じるわけで。「人生観」と同義語、そう考えればいいじゃん。まあ、しかし、同様に天野氏が好きになれないと指摘する「こだわる」は、ぼくも、肯定的には使えない。あくまでもマイナスイメージが強い言葉だ。そこは同意見。「様」も、天野氏の嫌いな理由はよくわかるのだけど、「生き様」には、どこか、生き方の王道への反発みたいなものも感じられるしなあ~。

ちなみに。「殿(どの)」は、いまでは目上の人間に対しての敬称ではないが、そもそもは敬意を添えた表現であり、かつては身分の高い者に用いた。尊敬の意は通常、「様(さま)」である。いまや常識? うん、そうだろうね。では、「人(にん)」と「名(めい)」は? 「名」は丁寧な表現なのに、自分サイドの説明に平気で用いられる。たとえば、「我が社のスタッフ3名が出席した」。これ、ぼくには、とても気になる。ここは「3人」と書くべきところ。居酒屋に予約を入れると「5名様ですね」と確認される。「5人様」とは言わない。文法、というか理屈はともかく、丁寧な気持ちが「名」を使わせる。以前は、言わずもがな、だったんだけど。このところ、この誤用シーンが目立つ。

ことほどさように、日本語は難しい。

|

« リニューアルです | トップページ | TVっ子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リニューアルです | トップページ | TVっ子 »