« TVっ子 | トップページ | 「紅白」の話ではない »

2007年10月18日 (木)

ロッテ撃沈

カレンダーではまだ2か月あまりを残すが、野球の2007年は終わった。このあと、日ハムの相手が巨人だろうと中日だろうと、別に構わない。ま、アンチ巨人としては落合クンを応援しようか。そもそもロッテファンではないことは、以前にも触れたけれど、我が相方が熱を入れて応援するので、引きずられて……。パートナーの趣味につきあうのも、ある種の愛情かと。日ハムを贔屓する理由もなく。あぁ、でも、ソフトバンクは、ケータイのCM(白い犬のバージョンね)が面白いし、王監督の笑顔も見たいしなあ。
だいたい、ホントのこと言えば、どうしてロッテも日ハムも、監督が日本人ではないのだろう。いや、「純血」云々ってアナクロなことを言いたいのではない。日本のプロ野球は、いまや大リーグへと向かっているくらいで、「外人の助っ人」など必要なレベルだとは思わないし、まして指揮官という椅子に相応しい人物が国内にいないとは、にわかには信じられない。
口を開けば「イチバーン!!」と叫ぶ姿は、正直、あまり好きではない。まあ、日ハムは勝ったんだから、まとめてバッサリとはいかないけれど、でも、指示・命令系統が英語、言い換えれば我が母国語ではない、というのには、どうしても引っかかる。ロッテの攻撃が、いまいちキメ細かくないのはバレンタインのせいかどうか、それは知らないけれど、元野球小僧としては、犠牲フライもバントもきっちりできないのは、ナンダカナア……。
それはさておき。とにかくも、われらの間では、この「クライマックス」、盛り上がりました。相方は急ぎの仕事の手を止めてまで。いちお、地上波でもオンエアされたしね。テレビ中継がなかったら寂しいけど。でも、視聴率は稼げていないらしい。そりゃ、まぁ、新しいドラマのスタート時期だし、スポーツ番組でも某拳闘試合の派手さには敵わないしね。やっぱし、野球は、巨人戦以外は、ジミ~な娯楽になってしまったんだろうか。その巨人戦も、もはや延長中継しなくなったようだしね。

そんなわけで、本日のブログも、地味に終わりましょう。

|

« TVっ子 | トップページ | 「紅白」の話ではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TVっ子 | トップページ | 「紅白」の話ではない »