« ムリをせず | トップページ | スモーキン’ブギ »

2007年8月 3日 (金)

西へ東へ

大阪でタクシーに乗ると(1対1の場合)常に運転手から話し掛けられる。「台風、逸れましたなあ~」など話題は他愛ないものだが、客としての気持ちは和む。そりゃ当方、かなりの話好きだけどさ。だけど、行き先を告げても返事無し、ウンでもなきゃスンでもない、そんなん「サービス業」にあるまじき非礼だよね。会話を交わす気分じゃなければ、行き先の確認とか、最低限の言葉だけでいい。客は、その旨、あっさり表せばよい。「考え事してるから」とかね。何も難しいことはなかろう。そんな常識的なルール(いや、マナーかな)さえ守りたくないなら、タクシードライバーになってはいけない。客側も乗ってはいけない。簡単なこと。
東京あたりでは、でも、あまり楽しい経験がないなあ~。喋りの嫌いな運転手が多いのかも。それでも、半々か。ぼくは、いつもというわけでもないけれど、相当に落ち込んでいるとか、かなりの事情がなければ、フレンドリーに水をむける。すると、たいていは反応してくれる。いまどきなら「暑い」は常套句。で、「やっぱり夏は来るもんですなあ~」などと応じると、笑い声が返ってきたり。だから、まあ~、たぶん、車中での会話のニーズがないんだね。あの狭い空間で、両者ともに沈黙を堅持するって、けっこうシンドイ。と思うのも、こっちが旧いタイプだからかな。近頃は、何とも感じないんだろか。
だけど、関西では、黙ったままというのはめったにない。ホント、お喋りさんが多い。地域性っていうものかもしれない。「景気」の話なんか、オールマイティだ。ぼくは、必ず「マーケティング」する。ひところの大阪は、元気がなかった。「みんな東京に行ってしまう」と嘆く声高く。関西の地盤沈下・東京一極集中を実感。政治家への悪口は、盛り上がる。「首相の顔つきが最近、悪くなってきた」なんてテーマは愉快だ。それでも、政治ネタは慎重にしないとね。
で、今回は、面白いドライバー氏と出遭った。本業は印刷屋さんだという。それだけでは食えないと、ときどきハンドルを握るんだとか。業績悪化のひとつがデジタル化と聞いて当方やや複雑(^_^;) だよねぃ~。こちとら、なにせ、それで食ってる。正直に告白した。人の好さそうなオジサン、といっても当方より若干年上ていど? 話に乗ってきて、活版印刷・オフセット印刷など、懐かしい単語のオンパレード。短い乗車だったので話に花が咲く前に終わってしまったけれど、降りるとき、「がんばってくださいな」なんて。客の発言とも思えず。でも、これも一期一会。
公共交通機関があるときのタクシー利用は、ややゼータクではあるが、8割方は「リサーチ費用」だと、ぼくは思っている。経理担当は認めないだろうけど。
本日のBGM:井上陽水「東へ西へ」って、べつにジョークではなく、新幹線車中で陽水のアルバムを聴きつつ惰眠も少々。

|

« ムリをせず | トップページ | スモーキン’ブギ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムリをせず | トップページ | スモーキン’ブギ »