« もうひとつの蛇足 | トップページ | ムリをせず »

2007年7月31日 (火)

さらば文月よ

選挙の結果は予想通りの期待はずれ。詳しく語る気がしないが、せっかくだから、一言だけ触れる。ぼくに言わせりゃ、自民の大惨敗も民主大躍進も所詮、かつての自民党・福田派(グループ安倍)と田中派(グループ小沢)との派閥争い。島根のドンを破った女性にしても父親は自民党出身(河野グループ)の政治家。コップの中の嵐にすぎない。保守合同以前の民主党・自由党の2つの流れまでさかのぼっていいのかどうかは専門家ではないので語らず。でも、ま、そゆことでしょ(岡山の虎退治をした姫は市民運動出身と聞くので議席奪取の意味は大きいと言ってもいいけどね)。
現在までの自民党政権って結局は派閥による「連立内閣」だと考える当方にとって、仮に現在の民主党が衆議院で多数派となっても、連立の構成内容が変わるだけで、新鮮味なし。なんたって「自社さ」てのもあったくらいだからね。共産党でも出てこない限り「歴史的」なんて言葉は使いたくないなあ。あぁ、いまの社民党が天下を取ったら、ま、大事件だけど、そんなん、どっちにしても不可能だからなあ……。言い換えると、民主党による政権交代くらいで大騒ぎの必要なし。参議院での第一党にずきない。衆議院でも多数派となれば、そのとき初めて、騒ぎましょう。それにしても、年金問題の語る価値すらないバカさ加減は多少やわらぐだろうけれど、ネットカフェ難民やらケータイ日雇いがなくなるような、格差の拡大に対する妙手があるとも思えないし。テロ特措法の延長は防げても、憲法九条の命運は風前の灯だろうし。そうそうあっさりと、我が祖国に根本的な変化など起こるまい。さらに別な言い方をすれば、だからこそ、さっさと政権交代すればいいのに、そのていどの変化すら好まないこの国の民意って……。
いったい、何を恐れるのか。そんなにも変わることがコワイのだろうか。目の前のささやかな幸せなど、人間の一生においては、実のところ砂上の楼閣であり、たしかに3億円あれば大概の問題は解決するが、しかし、金で買えないものもたくさんあるというのにね。人の気持ちには、本当にマニュアルなんかない。答えなど存在しない。いや、答えはあるが、人の数だけあるのだ。つまり、他人の成功体験など、役に立たない。失敗事例は、相当に有効だけどね。「他山の石」とは、すぐれて名言である。だけど、賢い人間なんて(ほとんど)いないから、いくつもの失敗を繰り返す。繰り返しながら反省し、意義と教訓を学び、成長する。そう、変わっていくのだ。そもそも、変わっていかなければ、人は生きられない。永遠のものなど、ない。
あらら、政治についての俗っぽい話のはずが、なにやら……。スピリチュアルな7月の掉尾を飾るに相応しいかも。

|

« もうひとつの蛇足 | トップページ | ムリをせず »

コメント

なるほど~
確かに選挙は毎回派閥争いという
感が強いですよね~
あれじゃあ、日本は立て直せませんよ~
いつになったら未来の日本が
見えてくるのか、、、
子供の将来が心配です。

投稿: ビアガーデン好き | 2007年8月 1日 (水) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もうひとつの蛇足 | トップページ | ムリをせず »