« ご案内 | トップページ | 9条よりも窮状 »

2007年4月13日 (金)

晩節

わたし、自他共に認める、頑固者です。歳を重ねるにつれ、ひどくなっています。
「ターバン野口」に怒り心頭です。ご存じですよね、1000円札を、独特な折り方で、絵柄の野口英世がターバンをかぶっているように見せる、というやつ。ネットで騒いでいる分にはともかく、新聞やテレビで紹介され、それが、なんとも、好意的に。批判的に取り上げるのかと思えば、「法的に問題ない」と。わたしには信じられません。お札って、そんな、酔狂な趣味の対象にしてしまっていいんでしょうか。
そんな大袈裟な、という声が聞こえてきそうです。ええ、たしかに。別に、野口さんを敬愛しているわけでなく。単なるパロディみたいなものと思えば、それだけのこと。若いときなら、わたし自身が音頭をとり「ねーねー、知ってる?」と宣伝していたかもしれません。
だけど、近ごろ、いろいろな場面で、世の中の風潮に違和感を感じることが多く。このネタも、そう。理屈を超えて、お金に対する冒涜のように思えるのです。極論すれば「金を稼ぐ」という「神聖」に対する、一線を踏み越えた行為。
わたし、かなりイイカゲンな人間です。この世に絶対的なものなどないと考えています。ですから、全否定も全肯定もしません。何事にも、欠点も利点もある。何人も、短所と長所がある。それでも、最近、一刀両断したくなることが少なくなく。
柔軟さを欠き始めたのでしょうか……。
人生を大きく3つに分ければ(ある人の説ですが)、55歳、第3ステージに差し掛かっているわけで、そろそろ、丸くなってもいいのでは、と、思う半面、ダメなモノはダメといった、度し難い頑迷さが増してきたようにも。
晩節を汚したくない。いや、誉められるような人生を歩んできたわけではないのですが、好々爺というやつに憧れてまして。さまざまな経験を経て、人は、穏やかな心境に達する、と思い込んでいたのです。なのに、どうにも……。

|

« ご案内 | トップページ | 9条よりも窮状 »

コメント

私、聖徳太子と伊藤博文と岩倉具視のお札を大事にとってあります。
それはさておき、私、流行モノにはトンと疎いもので、今初めて知りました。
「ターバン野口」検索かけて、YouTubeで折り方を見てきました。
私、夏目漱石の目の中心点を谷折り、鼻を山折りにして斜め下から見て大うけした経験がありますので、あまり立派な事言えた立場ではないのですが。

ここまでお札を折り紙にするなんて、私もちょっと引きました。
本まで出てるんですねー驚きです。
意識の違いというのかモラルの低下というのか、、、違和感を覚えます。

子供達にお金の尊さを教えなきゃいけないのに、こんなのが折り紙本として書店にならぶ商業主義が、、イヤです。

単なる余興、お遊びよ。
という感覚についていけない私はノリの悪い奴です。

ターバンを巻いている人達に対しても失礼ではないのだろうか?

投稿: 一加葉 | 2007年4月13日 (金) 11時49分

一加葉さん、わたしも、旧札は保存しています。
それはさておき、個人的に何をどうしようと、それまで目くじら立てるつもりはないんです。それは、ある種、「自由」というものだと認識しています。
だけど、メディアの扱い方に「品」がないと思うのですよね。
>>ターバンを巻いている人達に対しても失礼ではないのだろうか?
そこも感じます。メディアは、そこにも切り込む必要があるのではないかと。
「モラルの低下」というよりは、品性の劣化とでも言いたいですね。

投稿: hiperk | 2007年4月13日 (金) 16時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192005/14662623

この記事へのトラックバック一覧です: 晩節:

« ご案内 | トップページ | 9条よりも窮状 »