« 暑さ寒さも彼岸まで | トップページ | ご案内 »

2007年3月24日 (土)

恐るべし、ケータイ

なんだか、たかが桜の開花をめぐるネタで、えらそーなことを書いてしまいました。悪いクセです。でもね、立春前に満開だというなら、もしくは入梅後も蕾のままというなら、そりゃ大騒ぎすべきですけど、結果は例年通り、3月下旬から4月アタマにかけてが花見シーズン、さしたる不都合もなく。瑣末なことで右往左往している場合ではないだろう、いまのニッポン……、いかんいかん、またまた声高になってしまった。翁を見習い、心穏やかに……。

バランスをとるために、軽~~い話を。というほどマトモな内容ではなく。ちょっとした報告。いや、それでも、大袈裟すぎるか。いえね、相方の誕生日に、結局、何を贈ったのか、気になさる方もいらっしゃるだろうと。いない? ふぅむ。つまりは、またまたまノロケになってしまうのか……。まあ、いいや、どうせ個人的な日記なのだから。
ケータイ電話をプレゼントしました。相方はツーカー利用者だったのですが、auに統合されてしまったので切り替えなければならないというので。キャリア側の勝手な都合なんだからユーザーに余計な負担を掛けるんじゃない、と吠えても、届かず。
ショップでいろいろと検討、いわく「ワンセグなんて要らない」ので、それなりの機種に。もちろん、可能な限りの「割引」を活用したが、それでも数千円必要。贈り物としては安上がりだったけれど、自ら望んでの機種変更ではないのに、この負荷は、どーなの? 新規ならゼロ円なんだものなあ。
いったい、いつまで、この「無料配布」状態が続くのだろう。ケータイが普及し始めて、ざっと10年。当初はとにかく持たせることが重要だった、それはわかるけれど。いまや、ウチのオフクロまでが持つという時代。いまの機種にしてから10年以上の小生も、わが母親も、基本的な料金にほとんど差がない。当方、使い始めてからだと15年にもなるんだぞ。「機種変」は相変わらず冷遇されているなあ。「持続可能な社会」とやらに反しないかい。ん? やや強引すぎるか。
まあ、なんにしても、企業が謳うCSなんて絵に描いた餅で、製造メーカーは踏襲したものの、使用方法のコンセプトが大幅に変わってしまい、10年近く活用の相方さん、ボタン操作やらに、いまさらながら苦闘している。初めての「絵文字」をどう出すか、それがわかんないのは仕方ないけれどさ。
この、点滅するっていうか、ドキドキを表してるのかな、大きくなったり小さくなったりするハートマーク、面白いね……。おぉっ、これがウワサの写メかあ~。うぅむ、デコメール、どーすりゃいいの……。わぁっ、こんな機能も、あんな機能も……。はい、イイ年して、けっこう楽しんでいます(^◆^;)

|

« 暑さ寒さも彼岸まで | トップページ | ご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192005/14365599

この記事へのトラックバック一覧です: 恐るべし、ケータイ:

« 暑さ寒さも彼岸まで | トップページ | ご案内 »