« 誕生日 | トップページ | 「きょうだい」を知らない »

2007年2月26日 (月)

テラへ

そんなタイトルの漫画があったような。でも、その「テラ=地球」の意味ではなく。ん? あながち、まったく違うわけでもなく? まあ、なんにしても。情報量の単位の話です。
1テラバイトのHDD(ハードディスク)が発売されるとか。ほぉ~。感慨。パソコンというものに手を染め始めたころ、と、いつもの昔話です、根っからの文科系なので用語の使い方に一部おかしなところや不正確な面もあるや。ご容赦。
かれこれ20年前あたりになりますか、某マイナーメーカーのパソコンを購入。とんでもない金額でした。そもそもHD内臓ではなかった。数年後、マックに遭遇、その操作性の素晴らしさに驚いたものでした。さらにその後、ウインドウズへと。そのころは間違いなく、マックのほうが使いやすかった。
それはさておき、1メガという単位に、えらくカンドーした。100万バイト、つまり日本語で50万字分のデータ量。ライターなので、どうしても文字換算のクセ。400字詰め原稿用紙で1250枚、ちょっした長編小説で500枚程度だから、驚異的な数字である。
15年ほど前にDTPという、いわゆるデジタルによる編集・出版に関わり始め、単なるテキストデータだけでなく画像やら何やらを扱うことになり、「メガ」にも慣れていった。32メガ機が出てきたころだったか。記憶媒体はまだフロッピー中心で、ここでも以前に少し触れたけれど、ちょっとした画像でも数メガ、FD数枚に分割せざるを得なかった。だからMOは重宝した。高価だったが、128MBもあれば、大概のことは足りた。いま、A4換算16ページ分の印刷データ(モノクロ)を毎月制作しているが、せいぜい10Mである。
当方が制作していたDTPによる雑誌はA4サイズ・本体80ページ前後のフルカラー、総トータルで何百メガになったのか、編集部門ではそれぞれ数ページ分しか扱わず、画像などは仮データでこなし、最終データは印刷部門が管轄していたため、詳しくは忘れてしまったけれど、「メガ」で十分だった。それでも、編集ソフトはかなりのメモリを必要としていた。三種の神器といわれた(現在でもそうかな)「クォークエクスプレス」「イラストレータ」「フォトショップ」をインストールすると、ほぼ限界だったように思う。
そして「ギガ」という言葉が、制作に関わっていたわたしたちの間に登場する。10億バイト。100万バイトの1000倍。オールマイティだと思った。もはや、何文字分とかいうレベルではなく。画像にしても、サービスサイズの写真1枚が1~2メガ。たとえが適切ではないかもしれないが、天文学的な単位だったのだ。実際、数年後、いまから10年前ごろ、1ギガのマックを使い始めるのだが、これ以上の容量は不要だと思った。
ギガに驚嘆していたころ、ほとんど冗談で「次の単位は?」という話になった。「テラ」だという。1000ギガ、10の12乗、1兆バイト。笑うしかなかった。そんな容量を求める雰囲気などなかったのだ。いわば「スーパーコンピュータ」の世界。少なくとも「印刷」の世界では、1ギガのパソコン1000台分なんて、想像できなかった。
メガやギガには「機械」の感じが音感的につきまとうけれど、「テラ」ともなると、文字通りの地球規模の壮大なイメージ。地球温暖化の危機が叫ばれる現在、ついに「テラ」の時代がやってきたのか。なんとも……。

|

« 誕生日 | トップページ | 「きょうだい」を知らない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192005/14051509

この記事へのトラックバック一覧です: テラへ:

« 誕生日 | トップページ | 「きょうだい」を知らない »