« TOURIST | トップページ | あしたバーボンハウスで »

2006年12月 4日 (月)

with

実は当方、いま修羅場なので、Cさんとの海外取材の思い出話を続ける。
最も印象的だったのは、国際原子力機関の本部があるオーストリア・ウィーンでのこと。泊まったホテルは中レベルだったか、でも、こぢんまりとしていて感じは良かった。翌朝、時差ぼけで早起きしてしまい、どことなく山小屋風の室内で、窓から見た明け方の街の風景。こちらは3階か4階あたり、2階建てくらいの家並みが見渡せた。異国情緒たっぷり、空が白み始めたころなので、幻想的、というか、絵に描いたよう。木造ではなく、何だろう、石造り? どっしりとした感じを受けた。

ウィーンではもうひとつ、本場の本物のザッハトルテを食べた。15年ほど前のことである。グルメ大国日本でも、まだまだ貴重だったと思う。美味、言うまでもなく。そのウィーンへは直行便がまだなく、モスクワを中継。給油の間、機内にとどまるよう求められ、空気を吸うことはできなかったが、たしかにロシアの地に踏み入ったのだ。それだけのことではあるが。パリへの移動の途中、鄙で日本人ビジネスマンと遭遇した。製菓メーカーの課長サンだったか、甘いもの、いまならスイーツか、市場調査だとか。さすが。

ロンドン・ヒースロー空港では、入国審査に約2時間、行列に中東風の姿が目についた。観光客の風情なく。移民か……。その街は、ウワサどおり、霧の都とまではいかなかったが、どんよりとした雰囲気。朝食で、長年の習慣であるコーヒーを注文、失敗した。紅茶の国だった。たしかに、ミルクティは絶品。料理は……語れない。日本でもめったに会う機会のない首都圏在住の友人と、ちょうど赴任中だったので再会できたのも、うれしい記憶。

ずっと西海岸住まいだったので憧れの、ニューヨークには国連本部ほかの取材で2回。一度、大雪に見舞われた。身動きままならず。ロサンゼルス時代の友あり、案内してもらった。さすが現地居住者、旨くて安いレストランを知っていた。ワールド・トレード・センターにも行った。首都のスミソニアン博物館で、展示されている零戦を見たときは、ちょっぴり複雑な気分に。オノボリサンよろしく、ホワイトハウスの前を散策した。なにやら警備が厳しいような。まさに、その瞬間、湾岸戦争が始まっていたのだ。
★with(1990/山田洋次監督映画「息子」イメージソング-1991)

|

« TOURIST | トップページ | あしたバーボンハウスで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192005/12925961

この記事へのトラックバック一覧です: with:

« TOURIST | トップページ | あしたバーボンハウスで »