« with | トップページ | あらためまして »

2006年12月 5日 (火)

あしたバーボンハウスで

知り合いのブログにコメントつけようとしたら字数オーバー。凝縮してアップしたが、もともとの文で、ここの1回分と気付く。しつこいが、いま修羅場ってるので、それを利用する。二度読みの方、ご容赦。話題のネタ元は「コークハイ」という飲み物。

その昔、つまり奇跡の高度成長期、海外出張の一時期多かった父の土産は「ジョニーウォーカー赤ラベル」こと「ジョニ赤」だった。やがて「黒」へと昇格しつつ、当時は珍しい名前のスコッチをいろいろと。サケといえばウイスキーが定番だった、そんな時代、若いぼくらにとっても同様で、どこで飲むかといえば、友人の下宿か「コンパ」。気軽なバーといった位置づけかな、みんなでワイワイとやるわけだ。居酒屋では、なかった。

いまみたいな全国チェーン店も少なかったし、どこか上司をグチるサラリーマン御用達の雰囲気強く、オヤジ向けと。小料理屋は、しかし、粋なんだけど敷居が高かった。実際、学生やガキの行くところではなかった。20代は「角」を愛飲、シャバに出てそれなりに稼ぐようになってから念願の「だるま」に。このオールドを初めてスナックでボトルキープしたときは、自分もオトナになったなあ~と感慨ひとしお。年上のママに淡い恋心なんぞ抱いたりして。だから、ロック一本槍。水割り? そんなヤワなもの飲めるか……。

閑話休題。土産が「ナポレオン」になったころ、出張先がアジアにシフトした。紹興酒はまだしも、返還前の沖縄から泡盛では、もともと下戸の父には辛く、渡す相手も難しく。家族には、変わったデザインのTシャツやら、チャイナドレスといった品々へ。と、海外は当方の担当に。カリフォルニアワイン、バーボンを好むようになるつれ、スコッチは卒業。帰国後は、いつのまにかファッショナブルになった焼酎がメインに。ウイスキーに接する機会も減っていった。ただ「フォアローゼズ」は好きだったなあ。

あるとき、新潟で地酒をごちそうになった。以来、日本酒党。ずっと、○○とか××とかのナショナルブランドしか知らなくて、そんなの全然ウマイと思わなかった。それが「雪中梅」で驚天動地、こんなに美味なのかと開眼してしまった。もっとも、日本酒はじっくりと味わいたい、楽しく酔いたいので、場所と相手とを選ぶ。仕事の付き合いなどでは、ウーロンハイとか梅割りとかが気楽。けっこうウマイしね。ちなみに、ウイスキーは水割りしか飲めなくなった。要するに、ぼくは酒に弱いのだろう。好きなんだけどね。
★あしたバーボンハウスで(1985)

|

« with | トップページ | あらためまして »

コメント

>場所と相手とを選ぶ
そう、実感。
主人、子供等と一緒に飲むと直ぐに酔ってしまう。
一番安心できる場所だから。

書きたいと思う気持ちが強くなってきた。
しかし、書けない。チョッと溜息をついたりする^^;

投稿: zun | 2006年12月 5日 (火) 09時12分

zunさん。レスしようと思ったら、メンテにぶつかり、不可。時間が経過すると、テンションが変わってしまって、、、ま、いいや、ということで、またの機会に(^◆^;)ヾ

投稿: hiperk | 2006年12月 7日 (木) 19時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192005/12939151

この記事へのトラックバック一覧です: あしたバーボンハウスで:

« with | トップページ | あらためまして »