« 人間なんて | トップページ | やさしい悪魔 »

2006年11月 6日 (月)

地下鉄にのって

こんなタイトルを、このタイミングで出すと、多くは映画を想うかなあ~。いや、読み手の年齢によるか。あぁ、待てよ、それだけだと、ほとんどダブるかも。どっちだろう……。と、書き出す前にブツブツつぶやく書き手。スンマセン。きょうのテーマは、歌のほう。というか、かつて70年代前半に「猫」というグループがいたという話。

代表曲は、個人的には「雪」だと思うけれど、季節がまだ秋なので、そこんとこは冬になったら取り上げようと、で、地下鉄のほうを選び、曲名やらを確認しようとネット検索したら、ズラズラとヒットしたのは「地下鉄(メトロ)に乗って」。なるほど。この映画、公開直後だし、なんか毎日、宣伝CMをテレビで見ていたしなあ。

原作が浅田次郎で、ぼくと同年齢(一部には旧知の事実だけど、やつは同級生)だから、その年代なら、歌も映画もどちらも、という人は少なくないだろうね。やつも承知で「メトロ」と注釈したのかも。新人賞を受けた作品だけど、ぼくとしては大して魅了されず、『日輪の遺産』のほうが好きだ。と、やつの話はおいといて。

猫が、30年ぶりに再結成し、この夏だかに、こぢんまりとしたライブを行なったらしい。これは見たかった、聴きたかった。もともとテレビなんかには出てないはずだし、顔も覚えていないし、拓郎のバックバンドもやっていた、男4人組という程度の知識しかなかったし。その記事を読んだら、一人、欠けていた。そういうこともあるだろね。世代がひとつ回ったんだもの。

四角佳子もゲスト出演したらしい。もちろん、拓郎の最初の奥さんね。おっとっと、前フリだけで1日分の枠を消費してしまった。本当は、関連して、10年前くらいに小室等のミニライブに行って目の前で見たんだ、とか、テレビの番宣でこともあろうにマイペースの「東京」を耳にした衝撃、とか、同級生といやぁケメもそうなんだ、とか書きたかったんだけど。またこんど。

|

« 人間なんて | トップページ | やさしい悪魔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192005/12573369

この記事へのトラックバック一覧です: 地下鉄にのって:

« 人間なんて | トップページ | やさしい悪魔 »