« ルージュ | トップページ | 後悔 »

2006年11月30日 (木)

慟哭

映画「ミュンヘン」をDVDで観た。題材は、1972年のミュンヘン・オリンピックでの「虐殺」事件。重い。ストーリー展開など、いろいろと細かい点では不満もあるのだが、見終わった後、ズッシリとくる。感想なんて書く気分ではない。当時、そのニュースにリアルタイムで接しているものの、「後日談」については無知だった。そんなことがあったんだ……。やりきれない。報復の連鎖しか生まないのに。流された血は血をもってしか贖えないのか。

日本映画「男たちの大和」も、題材こそ重い。出来栄えはやや軽め。血飛沫はリアルだが、「絵面(えづら)」が明るすぎる。役者が若すぎる、年齢的には(主人公達の大半は少年兵だから)当然だけど、演技が未熟。ただ、予想よりは抑えた演出だったことに好感。お涙頂戴になっていなかった。監督が戦前派だからか。戦争というものを知っているんだね。いまどきの人間は、戦闘シーンに凝っても、人間ドラマが描けないから、薄っぺらな「カンドー押し付け大作」になる。ヘドが出る。

「力道山」が日韓合作映画だとは、うかつにも予期していなかった。力道山自身が半島出身者だと知ったのはいつだったか。テレビ草創期、国中がファンで、もちろんぼくも。みんな日本人だと思っていたはず。日の丸を背負いリンクで闘っていた。その姿に惹かれた。死のあたりから関心は、これまた多くと同様、野球へ。長嶋。そして王、これまた台湾籍の「日本の誇り」。張本しかり。芸能人は列挙に暇がない。我が祖国は、不思議な国柄である。

「ミュンヘン」のラスト、背景には(CG合成の)ニューヨーク・ツインタワーが。何かが心に突き刺さる。にしても、宗教は難しい。民族名・金信洛の「善人ぶるな」のセリフには、空手チョップ並の迫力が伴っており、張り倒されそうになる。にしても、朝鮮は遠い。「大和」乗組員の我が子への母親の「死んじゃいかん」の一言は、心を激しく揺さぶる。にしても、その死に接して平然と立つ母の胸の奥の慟哭は辛い。
★慟哭(1993 作曲・後藤次利/工藤静香への提供曲、フジテレビ系ドラマ「あの日に帰りたい」主題歌)

|

« ルージュ | トップページ | 後悔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192005/12875244

この記事へのトラックバック一覧です: 慟哭:

« ルージュ | トップページ | 後悔 »