« はじめまして | トップページ | ポセイドン »

2006年10月16日 (月)

功名が辻

大河ドラマ、好きです。去年は学芸会レベルで酷かっ
たけれど、今年のは、芸達者ばかりで観ていて安心で
きるし、多くの人が好む戦国物。信長・秀吉・家康の
流れは、やはりワクワク。脚本も秀逸。

というのは、まあ、ウソじゃないけど、個人的な最大
のミソは女性たち。永作博美、仲間由紀恵。大好きな
女優ベスト3のうちの二人までもが出てるんだもの。
いやぁ、まったく、史実を曲げても淀に生き残らせた
いし、家康に味方してしまう山内の女房も応援したい
し、悩み多く。

千代の描き方が現代的すぎるのは仕方ないとして、そ
れならいっそ、一夫一妻制を信じて疑わない現代人だ
と仮定してみても面白い。歴史に不得意でも誰が江戸
幕府を開いたかくらいは知っていよう。恩ある豊臣家
を見捨てる理由は「学校で習ったから」というのは?
妄想が過ぎるかしらん。

|

« はじめまして | トップページ | ポセイドン »

コメント

ブログ開設おめでとう!
ところで、通りすがりの知り合いとして、質問があるんだけど、「一夫一妻制を信じて疑わない現代人だと仮定して」ってのは、以前に直接聞いたことがある「千代は、実は現代人で、戦国時代へ飛んでったタイムトラベラーなんじゃないか」って説?話が唐突すぎて、よくわかんないなあ。もっと丁寧に説明してくれないと~♪

投稿: ゆうき | 2006年10月17日 (火) 01時07分

早速のレス、ありがとう。
はいな、「千代=タイムトラベラー説」です。ま、「説」ていうほど確かなものじゃなくて、もしそうだったら面白いなあ~という程度。
山内一豊の妻って素性があまり詳らかではなくて、名前そのものが「まつ」だとも言われたり。大河ドラマでの描き方は、相当にフィクションらしく、あの「名馬」のエピソードの真偽すら定かではないとか。
だったら、もっと空想の翼を広げて。たとえば、現代に生きる小学校高学年あたりの女の子が、あの時代にタイムスリップしたら……。
いまふうの感覚なら一夫多妻や妾の存在は断じてOKできないだろうし、考え方が当時としては異質であって当然。日本の歴史も少しは習っているから、徳川家康や豊臣秀吉の名前くらいは知っている。だから、多少は「先が読める」。
でも、細かい史実はムリ。この大河ドラマ以前なら山内の名を知らなくても当たり前だろう。育ての親に関する情報など皆無のはず。有名な本能寺の変だってボンヤリとした知識かも。まして光秀なんぞ。
平成生まれには、昭和も「遠くなりにけり」なんだし、だいたい、元亀だの天正だの文禄という当時の元号なんか、ぼくらの世代でも正確には覚えてない。西暦表示ではない以上、たとえば関が原の戦いがいつのことか、そうそう簡単には認識できない。
とすれば、SF小説のように、「未来を知っている」とは言いにくく、うまく立ち回るわけにはいかない。金儲けは不可。地震の予知も無理。あの時代に融合して生きていかなければならなかったろう。
それでも、「男女平等」は信じて疑わず、金銭感覚があってもいい。才女の誉れも、なるほどね、と。もし京都生まれだと仮定したら、夫の死後、高知(土佐)を離れ京に住み続けた理由も、頷ける。
そんなふうに妄想してみれば、かろうじて豊臣滅亡・徳川幕府開闢を記憶していて、天下分け目の戦いの直前、秀吉への恩義を重視し西軍か東軍かと逡巡を続け悩む夫に、家康に寝返れと強力にアドバイスした、としても、まんざらアリエネーことでもないよーな。
思いつきのわりには、いささか理屈を捏ね回してしまったかも。

投稿: hiperk | 2006年10月17日 (火) 04時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192005/12301290

この記事へのトラックバック一覧です: 功名が辻:

« はじめまして | トップページ | ポセイドン »